ブログ Blog

筋肉が固くなるとは?

2017.08.06/

皆さんこんにちは。初めての投稿ですが、今日は筋肉についてお伝えしたいと思います。

肩が凝るや筋肉が固いとはどういうことなのか?

という疑問を持たれる方も多いかと思います。

まず、筋肉が固い=筋肉の一部が縮み続けているということです。そうなると血流が悪くなり疲労が取れにくくなって行きます。

筋肉をもっと深く見ていきますと、筋肉というのはただの一つの塊ではなく、線維が集まり出来ています。その線維も筋原線維というものの集まりです。良くわからないという方は、スーパーにあるこの時期良く食卓にも出て来るであろう、これをイメージしていただけると

 

4976640000020

 

では本題に戻りましょう。先ほども述べました筋原線維というのは、アクチン』と『ミオシンに分けられます。このアクチンとミオシンが重なり合うことで筋肉が収縮します。ということは、重なり合ったままだと収縮したままになります。その状態が凝り・固くなる状態です。

なぜ筋肉が固くなるのでしょうか?

身体に大きな負荷や精神的なストレスなどがかかると筋肉や関節を守るために筋紡錘という感覚器官から指令があり固くなります。「大きな負担をかけた覚えはないんだけど」という方、自分が気付かないうちに負担がかかっているかもしれません。長時間の運転やデスクワークなど…同じ筋肉ばかり使うと負担が積み重なり凝りの原因になります

※筋紡錘とは、筋肉の中にある感覚器官ですが、これは筋肉が切れないように伸ばされたら収縮するよう伝達を送ります。筋肉の長さを感知するセンサーのようなものです。

身体に負担がかかる→筋紡錘から指令→筋肉が縮む→血流が悪くなる→筋肉が酸欠状態→痛みが出る→他の筋肉にも負担がかかる 

という悪循環が生まれ、負担がかかりそのままほっておくと拘縮し可動域に制限がかかってしまいます。

筋肉が、固くなるメカニズムご理解いただけましたでしょうか?では、どのようにしたら筋肉の収縮を改善できるのか?

新しいエネルギーが必要です。基本的にミオシンがエネルギーを持っています。しかし、アクチンを引き寄せ収縮する際に使ってしまうのです。新しいエネルギーは、血液に乗って入ってきます。よって血液の流れが必要になります。しかし、筋肉が固いと血管が押し狭められ血流が滞りがちになります。血流を良くすることで筋肉への負担が減少されます。

まとめますと筋肉が固いということはあまり良いことではない!ということです。ストレッチで、悪循環から抜け出し筋肉の凝り改善しませんか?凝りが改善できれば姿勢改善・疲労回復・スタイルアップにつながります。悪循環から抜け出したいという方是非ストレッチアップ福岡店へ!!お待ちしております。

長々と失礼しました。最後まで読んでいただきありがとうございます。

ストレッチアップ福岡店 

玉木

============================

〖大橋駅スグ!定額制ストレッチ専門店!ストレッチアップ〗
〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋1-16-2 大橋駅前ビル201号

【ご予約はこちらから↓】
TEL:092-562-8180
メール:stupfukuoka@gmail.com

URL : https://www.stretch-up.jp/

facebook :https://www.facebook.com/stupfukuoka/ (お得情報など随時更新中!)

Twitter : https://twitter.com/stupfukuoka  (予約情報など随時更新中!)

Instagram : https://www.instagram.com/stupfukuoka/  (お店の情報随時更新中!)