ブログ Blog

腰痛について②|ストレッチアップ一社店

2018.11.19/

おはようございます!
アクティブ店長、北川です( ´∀`)

申し訳ありません。

ブログの記事がちゃんと公開されていませんでした。

腰痛について書いて行きます!

今日は、①伸展型腰痛について詳しく話して行きます!

伸展型腰痛って??
伸展型腰痛は、体を後ろに倒したとき、身体を反って行く、胸を張っていくといった、身体を伸展した時に痛みが出る腰痛になります。
昨日の最後の方でキーワードを出しましたが、
骨盤 骨盤の傾きは、前傾のポジションにあると考えられます。
ということは、おそらく、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の硬さがあると考えられます。
なぜ!? 太ももの前の筋肉は、膝の下(脛骨)から骨盤に付着しています。
筋肉は、ゴムと同じで、硬さがあると縮まって行きます。
そうすると、筋肉の距離が短くなり、骨盤と脛骨との距離が短くなって行きます。
筋肉の硬さが原因で骨盤が徐々に前傾ポジションになって行きます。
前傾ポジションが強制されると、腰の反った姿勢になりますよね?
その姿勢から、腰を反っていくと誰でも腰に痛みは出てくると思います。

じゃあどうする!? ひとつの方法として、太ももの前(大腿四頭筋)のストレッチをしてみましょう。

①横向きに寝る ②下の足を曲げる(股関節90度、膝関節90度) ③上の足の膝を曲げつま先を上の手で掴む ④腰が反らないように掴んでいる足を徐々に後ろに持ってく
このストレッチを30秒〜1分ほどの時間をかけてしっかりと伸ばして行きましょう!
あくまでも、伸展型腰痛の代表的な例をあげさせていただきました。
問題点としてあげられるものは、まだまだあると思います。
ストレッチは継続していくことで少しづつ変化が出てくるもので、即効性があるものではありません。
今後の将来のために少しづつやって行ってもらえたらと思います!

明日は、②屈曲型腰痛の代表的なものを紹介したいと思います!

【ストレッチアップ一社店】

愛知県名古屋市名東区一社1−89 寿山ビル2F

【ご予約はこちらから↓】
℡:052-898-0958
mail:stupissha@gmail.com
営業時間: 10:00~21:00(最終受付 20:00)

お店の情報を随時更新中!!

facebook
twitter
instagram

お問い合わせ・ご予約はこちらから↓↓
友だち追加

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら