ブログ Blog

カラダ豆知識【関節②】

2016.05.22/

こんにちは~
ストレッチアップ西麻布店スタッフの高橋です!

少し間が空いてしまいましたが。。。
今日もやってきました!カラダ豆知識のお時間です(笑)
前回は、骨と骨の連結についてお話しましたね。
今日はその中でも「滑膜性連結」
そう、いわゆる皆さんがイメージする「関節」についてお話していきましょう(*^-^*)
2016.5.21 関節タイトル

 

カラダには様々な関節があります。
肩のようにぐるぐる回せる関節や、肘のように曲げ伸ばししかできない関節もあります。
実は、関節によって動かせる方向が決まっているんですね!
知っていましたか???

 

関節を動かせる方向は、その関節の骨と骨とが連結する形によって決まるんですね!
実際、どんな関節があるのか見てみましょう☆

 

2016.5.11 関節種類

<1軸性関節>
運動軸はひとつであり、ひとつの面だけで運動ができる関節です。

車軸関節
円盤状の関節頭の周りが関節面となっています。
車輪のような回転運動だけができる関節です。
2016.5.11 車軸関節 蝶番関節
関節は蝶番のように、関節頭は軸の周りだけを回る関節です。
運動軸は骨の長軸に直角となっています。
2016.5.11 蝶番関節

 

<2軸性関節>
2つの運動軸があり、2つの面で運動ができる関節です。
2つの運動軸を組み合わせると、分回し運動もできます。

鞍関節
早退する関節面が鞍を背中合わせにしたような形になっています。
互いに直角方向に動きます。
2016.5.11 鞍関節

楕円関節
関節頭が楕円形、関節窩がこれに対応したくぼみを形成しています。
2016.5.11 楕円関節

 

<多軸関節>
運動の軸と面が無数にあり、あらゆる方向へ運動できる関節です。

球関節
関節頭がほぼ球状になっていて、関節窩は浅いくぼみになっています。
多方面に動かすことができます。
2016.5.11 球関節

平面関節
相対する関節面が形も大きさもほぼ同じ平面になっています。
2016.5.11 平面関節

 

このように、骨と骨の合わさるには種類があるんですね~
そして、その形によって動く方向が決まるんですね。

私たちの関節には動かせる方向と動かせない方向があるんですね☆
よく考えたら当たり前のように聞こえますが、意外にこれが重要なんです。
これによって、私たちの体はスムーズに動かすことができているんですね~
カラダって面白いですね!

 

ではまた次回!(*^-^*)/

 

ストレッチアップ西麻布店
高橋 忍

====================================
【西麻布の開放的な空間で心身ともにリラックス。
西麻布でストレッチをするなら ストレッチアップ】

住所:東京都港区西麻布3-13-13パークメゾン西麻布2F
TEL:03-6434-7364
(予約制:予約はお電話で)

URL:http://stretch-up.jp/access/area02/stretch-up-nishi-azabu-branch/
Facebook:https://www.facebook.com/stretchup.nishiazabu
(お得な情報を随時配信中!)
Twitter:https://twitter.com/stretchup01
(予約状況を随時更新中!)
====================================