よくあるご質問 FAQ

マッサージとストレッチの違いは何ですか?

ストレッチはマッサージと違い、身体の深層部(骨に近い部分の筋肉)までアプローチすることができるため今後痛みが起きにくい、不調のない健康的な身体を作ることができます。

また、ストレッチは関節を動かしながら筋肉を伸び縮みさせるため、軽度の運動効果もあります。

ストレッチアップのボディメイクストレッチってどんなものですか?

ベッドの上でトレーナーと行うマンツーマンのパートナーストレッチです。
基本的な関節を動かしながら行うスタティック(静的)ストレッチとダイナミック(動的)ストレッチを行う前に、筋肉を直接触ってアプローチするダイレクトストレッチを取り入れています。 予めダイレクトストレッチをすることにより、より関節可動域が広がります。 このような手技を行うことにより、マッサージでは届かない深い筋肉に直接働きかけ、【姿勢改善・柔軟性の向上・スタイルアップ・運動パフォーマンスの向上・痛みの改善】という5つのUPを体感することができます。他にも、関節可動域の向上、痛みの改善や怪我予防、軽い運動効果をもたらします。

ヨガやジムに通っています。併用は?

どんどん併用してください。姿勢が変わることによっての関節の可動域が広がります。可動域が広がることで使える筋肉の幅も広がり、基礎代謝が上がります。
日頃何気なくしている動作にも脂肪燃焼効果が生まれますし、ヨガやエクササイズの効果も4割り増しと言われています。「ヨガのポーズが取りやすくなった!」「ストレッチ行く前より痩せやすくなった!」そんな嬉しい声を多く頂きますヨ。

ダイエット効果はありますか?

ございます。正しい姿勢にすることで、血液の流れが良くなり代謝をアップさせてくれるので食べても太りにくい身体づくりが期待できます。

肩甲骨やヒザ裏には脂肪燃焼効果を高める細胞が眠っています。その部位を頻繁に動かしてあげることによって脂肪を燃焼しやすい、代謝の良い身体を作り上げることが可能です。ストレッチしているだけで-10kgなんてことは保証できませんが、ストレッチ+日常の何気ない動作や運動が大きなダイエット効果になることは間違いありません。

運動パフォーマンスが向上すると聞きましたが、本当ですか?

はい。本当です。ストレッチには関節可動域といって関節の動く範囲を大幅に広げる効果があります。ですので、いつもと変わらないスイングをしているのにゴルフの飛距離が30ヤード上がったなどの事例もございます。

どれくらい通ったらいいですか?

1週間〜10日に1回のペースが理想です。筋肉は習慣化すると勉強してくれます。少なくとも月に2回でも通う週間をつければ筋肉も定期的に刺激され反応してくれるようになります。

自宅でできるストレッチが知りたいです!

ご来店時にお客様にご自宅で習慣化していただきたいセルフストレッチをプロのトレーナーからお伝えさせていただきます。日頃からストレッチを習慣化していただくとより一層効果を実感いただけます。

友人に是非紹介したいのですが、紹介キャンペーン等ありますか?

もちろんございます!ご紹介者にも、ご友人の方にも特別キャンペーンをご用意しておりますので詳細は各店舗へお問い合わせください。

着替えはもっていくの?

いいえ、無料でお貸ししておりますので手ぶらでお越しください。

会員制度と聞きましたが体験コースはあるの?回数券もある?

どちらも、もちろんございます。詳細は各店舗へお問い合わせください。体験は30分コースからご用意しております。