ブログ Blog

身体を伸ばすたった一つの方法!!

2020.06.30/

こんにちは!
皆さんは普段ストレッチはおこなっていますでしょうか?
筋肉は定期的に伸ばさないと緩むことができなくなってしまいます。
片腕の肘をまげて力こぶをつくってみてください。
力こぶは上腕二頭筋という筋肉ですが、この時収縮している状態です。
肘を伸ばすと力こぶはなくなりますが、これは上腕二頭筋が伸びたわけではなくて
緩んだ状態なのです。
 
筋肉の最小単位は「筋原線維」という細胞で、筋原線維の最小単位が「サルコメア(筋節)」という繊維です。
サルコメアは「アクチン」と「ミオシン」という2つのフィラメント(連続した長い繊維)で構成されており
刀と鞘のようにミオシンがアクチンの中に入り込むと、筋肉の収縮がおこる仕組みになっています。
 
脳から筋肉に縮めという指令が出ると、筋肉の外にあるナトリウムイオンが筋肉に移動し、この時に電圧の変化が起こって
筋原線維内でカルシウムイオンが放出されます。
このカルシウムイオンがアクチンとミオシンももとの状態に戻って筋肉は緩みます。
 
このように筋肉は緊張と弛緩をするだけで、伸びることはないので使わないでいると柔軟性が失われるのです。
 
だからストレッチによって定期的に身体を伸ばしていくことが大切になってきます!!
 

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら