ブログ Blog

便秘に対するストレッチ

2015.07.28/

mobile_picture

便秘に対するストレッチ


便秘に対してストレッチは、腸を物理的に刺激する効果の他にストレスを解消させて自律神経のバランスを安定させてくれる効果があります。

血行も良くなるため、腰痛や肩こりなどの解消、またダイエット効果も期待できます。

☆弛緩性便秘:腸を刺激して蠕動運動を活発にする効果、排便に必要な腹筋を鍛える効果
☆痙攣性便秘、過敏性腸症候群:副交感神経を活性化し、腸の状態を整える効果

1、お腹と腰のストレッチ
弛緩性便秘を解消するためには、腸に刺激を与えることが大切です。
腰と股関節のストレッチは、動作によって腸を刺激するだけではなく、下半身の血行が良くする効果があります。

hlthrx_img02

そのため、むくみや冷えの解消も期待できます。

1、床に座り、左足を立て、右足は伸ばしておきます。
2、左足を右膝の外側に置きます。
3、右手の肘を左足の膝の外側へ付けます。(右手で左膝をつかむだけでもOK)
4、息を吐きながら状態を左側へねじります。
5、4呼吸します。息を吐く時に、ねじりを可能なだけ深めるようにしましょう。
6、反対側も同様に繰り返します。

 
====================================

【恵比寿でストレッチ&マッサージならストレッチアップ】
TEL:03-3712-2180(ご予約はお電話で)
URL:https://www.stretch-up.jp
Facebook:https://www.facebook.com/stretchupebisu(お得情報更新中!)
Twitter:https://twitter.com/ebisu0927(予約情報随時更新中!)

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら