ブログ Blog

階段で、身体に負荷が高いのは昇降?|ストレッチアップ一社店

2019.02.23/

 
おはようございます!

アクティブ店長 北川です(*’▽’)

皆さん、階段で上り下りだとどちらが身体に負担がかかりますか?

大抵の方は、

上りがしんどいという方がほとんどだと思います。

おっしゃる通りです。

重力に逆らって運動をしているということになるので、上りは筋肉にとってストレスのかかる運動です。

アスリートやスポーツ選手がトレーニングとしても、階段を上るということはされていますし、

階段の上りを普段からされている方も多いと思います。

ですが!

『上りは筋肉にとってストレスがかかる』

という表現をさせていただいたことには、お気づきでしょうか?

上りは筋肉に対して。

ということは、

下りの時は何かにストレスがかかるということです。

それはなんだか想像できますか?

下りは関節に対して負荷がかかります。

なぜなら、下りの時は、

重力と体重が加わりそれが膝関節や足関節に負荷にかわります。

ということは、

降りる時に、疲れを感じないのは、関節が負荷を受けている為に、筋肉に対してはあまり負荷がかからず、楽に感じるということです。

関節が弱い方はどちらかというと、下りの方が苦戦しているのではないでしょうか?

上りで苦戦をしている方ももちろんいらっしゃいます。そのような方は、可動域が低く、足が上がらない為に苦戦をしてるという印象があります。

 
可動域というものはとても大切なものになります。

しっかりと可動域を低下させることなく、維持もしくは、向上させることがとても大切です。

関節はしっかりと動かして、それに関与している筋肉を緩めることで可動域は改善します。

ストレッチの知識だけでなく、私生活上での身体のあれこれもお話させていただきます。

是非、一度お店にご来店下さい。

【ご予約はこちらから↓】
℡:052-898-0958
mail:stupissha@gmail.com
営業時間: 10:00~21:00(最終受付 20:00)

お店の情報を随時更新中!!

facebook
twitter
instagram

お問い合わせ・ご予約はこちらから↓↓
友だち追加
 
 
 

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら