ブログ Blog

コーヒーが好きな方、必見!!|ストレッチアップ蒲田店

2019.02.20/

こんにちは!

 
ストレッチアップ蒲田店です!

 
 
表題に飲み物を挙げましたが、皆さんは普段からどのくらい飲みますか??
 
私はコーヒーは全く飲みません。

苦いあの味が苦手で、、、。笑

 
 
皆さんの中には、

朝起きて朝食と共にコーヒーを飲み、お昼ご飯の時も飲み、休憩中もコーヒーを飲む。
という生活がルーティン化している人も多くいらっしゃるのではないでしょうか??

 
それ、実は危険です!
 
 
本日は、コーヒーとうまく付き合っていく方法を書いていきたいと思います。

 
 
 
コーヒーには、皆さんもご存知のようにカフェインという成分が含まれています。

カフェインは紅茶や玉露、栄養ドリンクにも含まれています。

チョコレートやブラックガム等にも含まれています。

 
主な働きとして、尿の排出を促す利尿作用の効果があるとされています。

カフェインを摂取すると腎臓がナトリウムと水分を体内から排出しようとして、尿を出やすくします。

そのため、カフェインを含むコーヒーを飲み続ければどんどん尿が排出され、やがて脱水症状になってしまうのでは、と思った方もいらっしゃるのではないかと思いますが、実際にそうなるわけではありません。

コーヒーのカフェインはそれ単体で体内に入ってくるわけではなく、必ず液体と一緒に体内へ取り込まれるのでカフェインの利尿作用によって排出される水分は、コーヒーの水分によって補うことができるとしています。

人間の体はコーヒーの水分をそのまま利尿作用によって排出するわけではなく、口から摂取した後で必要な分だけ、コーヒーの水分を取り込むことができます。

コーヒーでカフェインを摂取して尿の排出が促進されたとしても、排出されるのは必要な水分を吸収した残りの水分であるため、脱水症状にはならないそうです。

 
ですが、血液中のカフェイン量が多くなると中枢神経が過剰に刺激され、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠につながる可能性があります。

また、消化器官にも過剰が刺激され、下痢や吐き気、嘔吐につながる可能性もあります。

 
 
カフェインは体内で分解されるのに時間がかかるとされています。

夜に摂取すると分解しきれずに血液中にカフェインが残っている状態で眠ることになり、睡眠の妨げになる場合があります。

質の悪い睡眠となってしまいます。

寝る前というのはもってのほかです!!

 
 
1日で分解できる量は500mgまでとなっています。

成人の場合は1日300mg程度であれば問題ないとされています。

1杯を150mLとした場合は、60~90mg程度となります。

先にも書いた通りカフェインは様々な食品に含まれます。

気にしすぎはかえってストレスを溜めてしまうことにもなるので良くないですが、気にしなさすぎるのもよくありません。

 
 
妊娠中や授乳中のお母さん!

お子様の成長の妨げになる可能性があるので、カフェインは控えましょう。

どうしても飲みたい方は、1日100mg以下にしましょう。

食後30分以上経ってから飲むようにしましょう。

 
 
最近はノンカフェインやデカフェのコーヒーが増えてきています。

そちらに変えるのもいい方法かと思います。

全く入っていない、と言うわけではないので注意が必要ですが。

詳しくはお世話になっているお医者さんに聞いてみてください!

 
 
フランスの政治家、シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールはこう言っています。

「よいコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い。」

 
コーヒーは場合によって、悪魔にもなり地獄にも天使にも愛にもなる。

良いことも悪いこともある。

的な感じでしょうか。(浅くてすいません、、、。)

 
 
 
 
銀ブラ、という言葉が登場した1900年代当初は1杯1000円くらいしたとされています。

銀座でブラジルコーヒーを飲むことが1つのステータスとなっていた時代。

今では少々昔に比べると手軽に手に入りやすく、いつでもどこでも飲めるようになったコーヒー。

日本人の好む嗜好品の1種として多様化しています。

 
節度を守り、いいコーヒーブレイク、コーヒータイムを楽しんでください。

 
 
 
ストレッチアップ蒲田店  村山

【ストレッチアップ蒲田店】
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-31-2 大山ハイツ1F
<tel>03-6715-7237
<LINE@>bgk3319y

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら