ブログ Blog

筋肉痛にストレッチは効果的なのか①|ストレッチアップ蒲田店

2019.10.07/

こんにちは!

ストレッチアップ蒲田店です!!

 
 
スポーツの秋!

ということで各地で運動会やスポーツイベントが多いこの時期。

普段運動不足だし参加してみるか、と思い参加を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 
運動して帰ってきて。

『イタタタ、、、。』と太ももやふくらはぎ、腰などに筋肉痛が出てしまい、明日まで引きずってしまわないようにこれ以上痛くならないようにと湿布や塗布薬を使用して就寝。

よくある一例ですね。

この経験をしたことのある方はいませんか??

 
できれば避けたい筋肉痛

そんな筋肉痛はストレッチは効果的なのか!?ということをお話していきます。

 
 
 
そもそも筋肉痛とは何でしょうか。
 
アンサーは以下の通りです。

筋肉痛とは、筋肉を激しく動かした際に「筋繊維」が傷つき、それを修復する時に炎症が起こることで痛みを引き起こしているものと言われています。

この「筋繊維」とは、筋肉そのものではなく、筋肉や筋組織を構成している非常に細い多数の細胞のことです。

※これは一説となっており、医学的にはまだはっきりと解明されておりません。
 
 
筋肉痛は2種類あります。

1つ目は即発性筋痛といって、その名の通り運動した直後や早ければ運動している最中にも起こります。

2つ目は遅発性筋痛といって、運動して数時間から数日経った後に筋肉を動かすと痛みを感じるというものです。

一般的に知られている筋肉痛遅発性筋痛のことを指します。

 
『歳を取ると筋肉痛が遅くでる』とよく言われますが、これも定かではありません

 
普段からよく動かしているかどうかがポイントになっています。

普段からよく動かしている筋肉には、筋肉に血液を送る毛細血管がよく発達しています。

一方、あまり使っていない筋肉には、毛細血管が十分に巡らされていません。

急激に普段使っていない筋肉を動かすと損傷した筋線維に血液成分が集まるまで時間がかかり、さらに発痛物質が生産されるまで時間がかかるとも考えられています。

日頃からよく筋肉を使っている人は、少々筋線維を痛めても修復がすぐに進むと考えることもできるので、筋肉痛が起こりにくいとも言われています。

 

 
では、効果的なのか!?ということです。

そのアンサーはまた次回にお話しいたします。

今回は筋肉痛とは何か、ということを知って理解していただけたら嬉しく思います。

 
次回もお楽しみにしていてくださいね♪

 
 
 
 
 
ストレッチアップ蒲田店  村山

【ストレッチアップ蒲田店】
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-31-2 大山ハイツ1F
<tel>03-6715-7237
<LINE@>bgk3319y
 

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら