ブログ Blog

ミルキングアクションについて|ストレッチアップ蒲田店

2019.01.23/

こんにちは!

ストレッチアップ蒲田店です!!

 
皆さんは牧場などに行って、牛の乳搾りの体験をしたことはありますか??

やったことのある方はお分かりの通りだと思いますが、なかなか難しいですよね、、、。

力加減だったり、指の動かし方だったり、牛が動いてしまったり。

搾れた時はすごく嬉しく、その牛乳のまたおいしいのなんのって!!

 
 
とまあ、話をカラダのことに戻させていただいて。

カラダにもこの牛の乳搾りと似たような現象が起きていたことはご存知でしたか??

どこで起きているか少し考えてみましょう。

ヒントは牛の乳に形が少し似ています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、正解です。

正解は 足(下肢)です。

 
 
そもそもミルキングアクションとは何か。

ミルキングアクションとは、血管に作用する筋肉のポンプ作用の事です。

筋肉は伸び縮み(収縮)を繰り返しますが、これが筋肉の周辺を走っている血管への刺激となり乳搾り動作(ミルキング動作)の要領で血液循環を良くさせています。

 
 
カラダの中で起こるミルキングアクションで一番重要な部分はどこか。

それは、ふくらはぎです。

 
 
ふくらはぎは「第二の心臓」とも言われており、筋肉は心臓のポンプ作用を補助する器官でもあります。

血液は心臓の拍動で、心臓から頭、手、足の先端まで行き届けられ、もう一度心臓に戻ってきます。

しかし、ふくらはぎを含む下肢は心臓から下の方に位置することが多く、流れてきた血液を重力に逆らって心臓まで押し戻さなければなりません。

寝ているとき以外は基本的に心臓より下肢が高い位置にあることって日常生活でそうないですよね、、、。

心臓から下肢に行く時の動液の流れはすごく強いですが、静脈には心臓と同じくらいの流れををつけてくれるものがありません。

上に進む流れの勢いがないため血流が下に逆流する可能性もあります。

が、ご安心ください。

そのため静脈には逆流防止弁が付いているので逆流する可能性は低いです。

 
では、下肢の静脈はどのようにして心臓に血液を戻すか。

そこで「第二の心臓」のふくらはぎの出番ということです。

ふくらはぎの筋肉が収縮することによって心臓に血液を戻します。

その動きが牛の乳搾りに似ていることからミルキングアクションという呼び名がついているそうです。

 
 
 
そのふくらはぎか硬いとどうなるのか。

答えは簡単です。

血液がうまく心臓に戻せず血流が滞ってしまいます。
老廃物も溜まりやすくなります。
静脈は冷たい血液でもあるので足先(つま先)が冷えます(冷え性)。
血液(水分)をうまくカラダに循環させることが難しくなります(むくみ)。
 
いかがでしたか。

特に女性の皆さん!!

ギクッとした方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 
 
 
でも大丈夫!!

今からでもふくらはぎに適度な柔軟性と筋肉をつけましょう!

 
今日はずっと座ったままデスクワークをしていたなぁと思った方。

今日はハイヒールで一日中動き回ったなぁと思った方。

冷え性の方、むくみやすい方。

お家でお風呂に入りながらふくらはぎを押したり伸ばしたりしましょう!

 
最初はどこを押したらいいのかわかんない方もいらっしゃるかと思います。

そんな時は押してイタ気持ちいいところを探してみましょう。

そこが滞っている部分のことが多いので、重点的に入念に行うといいと思います。

また、ふくらはぎを伸ばす際はできれば膝を伸ばして行いましょう。

ふくらはぎの筋肉は膝の後ろまで付いているものもあります。

ふくらはぎ全体を伸ばすという意味も込めて、そのように行いましょう。

 
 
目から遠くなればなるほど。

足の先になればなるほど、ケアだったりが行き届きにくくなってしまうこともあります。

この機会に是非ご自分のふくらはぎに着目して過ごしてみましょう!!

ふくらはぎから健康になっていきましょう!!

 
 
私たちストレッチアップではお客様がご自宅でできるストレッチもお教えしています。

このやり方でいいのかな?

これ以外にやり方はないのかな?

など疑問をお持ちの方、スタッフまでご相談ください!

私たちのストレッチと一緒にご自宅でもストレッチを行うことで効果増進間違いなし!!

ふくらはぎ以外でも大丈夫です!

 
合わせご利用ください!!

皆様のご来店をお待ちしております!!

 
 
ストレッチアップ蒲田店  村山
【ストレッチアップ蒲田店】
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-31-2 大山ハイツ1F
<tel>03-6715-7237
 

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら