ブログ Blog

万物の根源は水|ストレッチアップ蒲田店

2019.07.24/

こんにちは!

ストレッチアップ蒲田店です!

 
 
今から遥か昔のこと。

古代ギリシャの哲学者、タレスは言いました。

『万物の根源は水』と。

全てのものは水からできていて、大地は水に浮いていると考えた。

 
あながち間違ではないのかもしれない。

生命の誕生は海の中からと言われていますし、生命を宿しているこの地球の表面の70%が水となっています。

地球上に住む生物のカラダの中にはたくさんの水が含まれています。

人間(成人)は約60%を水で占めています。

 
そんな身近な水。

皆さんはどのくらい摂っていますか??

1日にどのくらい飲みますか??

 
本日は水についてのお話です。
 
 
 
 
 
まずは、1日にどのくらい必要なのか。

結論から言うと、2.5Lです!

(見るサイトにより多少の誤差はある)

 
人間は排尿をはじめ汗や呼気を通じて、1日に約2.5Lが排出されています。

(気候や運動量など、条件によって変動はあります)

 
 
なので。

2.5L外に出たら、2.5Lまたカラダの中に入れてあげる、ということをしてあげればよいのです。

出てしまったものをそのままにしてしまうと、不足してしまいます。

不足しないようにまた補給してあげることが大切なことです。

 
 
カラダの水分が不足してしまうとどのようなことが起きるのか。

羅列していきましょう。

・頭痛

・むくみ

・肌荒れ、乾燥肌

・脳梗塞

・心筋梗塞

・熱中症、脱水症状

・代謝ダウン

 
など、カラダに様々な影響がでます。

60%の1%でも失われると、上記のような影響が出るかもしれないと覚えておきましょう。

 
 
 
 
 
では、どのくらい水を口から摂取するのが良いのか。

こちらも調べてみると、いろいろな情報が載っています。

1つの考え方をご紹介したいと思います。

 
 
1日に飲むべき水の量は、、、。

1.5L以上です。

水には口から飲む飲料水、食べ物の中に含まれる水分摂取される水と、体内で栄養素がエネルギーになるときに生成される代謝水があります。

なので、先ほど必要といった2.5Lも飲まなくても大丈夫です。

食べ物の中に含まれるのが約1Lと言われています。

代謝水は約0.3Lとされています。

残り、口から飲む飲料水は約1.2Lとなります。

 
ですが、今まで不足していた方も多いと思うので、少し多めの1.5Lをオススメしています。
 
 
 
 
 
次は筋肉と水分についてです。

体内には60%でしたが、筋肉の中にはどのくらいの割合の水分が含まれているのでしょうか。

答えは、70~80%です。

割合的には多いですね。

 
筋肉の水分が抜けた状態と筋肉に水分を十分含んだ状態だと、筋肉の動きやすさや柔軟性を比べたときに、どちらが勝っているでしょうか。

もちろん水分を含んだ状態ですよね!

筋肉に水分を含ませてあげると筋肉は伸び縮みしやすくなり、運動のパフォーマンスの向上やケガの防止、筋肉痛の緩和などの効果があります。

 
また筋トレなどで筋肉の量を増やしてあげると、水分量の増やすことにもつながります。

『筋肉の量が多い=体内水分の量多い』ということです。

何度かお伝えしているとは思いますが。

運動やトレーニングの前後にはストレッチを行いましょう!

 
 
 
 
 
最後に男女差における水分量です。

一般的に男性より女性の方が体脂肪率が高いとされています。

(健康的とされる体脂肪率の目安は、男性は10〜19%、女性は20〜29%)

その違いから、筋肉量は男性の方が必然的に多くなります。

ということは、保有できる水分の量も男性の方が多くなります。

筋肉量の少ない女性は、体内に水分を保持しにくくなってしまっているので、水分補給には人一倍気を付けましょう!

 
 
 
 
 
健康なカラダ、健康な筋肉の維持や発展の為には水がとても重要なのです。

上記以外にもたくさん水と健康については多くの文献などがありますので、少しでもご興味持ちましたら調べてみてください!

あなたのカラダの不調の原因は水を飲むことで改善するかもしれませんよ!

 
でも、ただ飲むだけではいけません。

飲んでその水を筋肉に蓄えさせなければいけません。

その為には筋肉量を増やしましょう。

その為に筋肉を使いましょう。トレーニングしましょう。

その前に!!

ストレッチをしましょう!
筋肉を使いやすくする為にも。

ケガをしない為にも。

 
健康でみずみずしいカラダを手に入れましょう!!
 
 
 
 
 
ストレッチアップ蒲田店  村山

【ストレッチアップ蒲田店】
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-31-2 大山ハイツ1F
<tel>03-6715-7237
<LINE@>bgk3319y

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら