ブログ Blog

某ドラマから学べること|ストレッチアップ蒲田店

2019.06.19/

こんにちは!

 
 
ストレッチアップ蒲田店です!!

 
 
ほとんどドラマを見ない私ですが、今クール見ているドラマがあります。

そのドラマは医療系のドラマで、カラダの仕組みの勉強になるので毎週録画をして見ています。

(本当は好きな俳優さんが出ているからです、、、。)

 
そのドラマの最近の回の話が『現代ならではだな』と思ったので、それについて書きたいと思います。

 
 
 
そのドラマの背景をまずお話しておくと、、、。

ある赤ちゃんが骨折ばかり何度も繰り返してしまい、お母さんは困っていた。

そこで、詳しく検査をしてみると『くる病』でした。

卵アレルギーという点と日光から完全に赤ちゃんを守っていたという点が大きな要因でした。

 
くる病』とは、簡単に言うと骨の石灰化障害です。

くる病は赤ちゃんに起こり、大人の場合は『骨軟化症』と呼ばれます。

 
 
 
 
『卵と日光』という2つのキーワード。

パッと聞いた感じでは全く共通点がなさそうなものですが、ある大きな共通点があるのです。

 
 
 
それは。

ビタミンD』です。

ビタミンDが欠乏するとくる病になりやすいのです。

①卵と②日光に分けて解説していきます。

 
 
①卵

特に卵黄にはビタミンDがたくさん含まれています。

他にも卵にはたくさんの栄養素が含まれています。

アミノ酸スコアも100なので、たんぱく質摂取にも効果的です。

 
②日光

日光を浴びることにより紫外線がコレステロールを変化させビタミンDを作っています。

これが必要量のおよそ半分とも言われています。

 
 
 
ビタミンDが不足してしまうとどうなってしまうのか。

骨の成長に影響が出てしまいます。

 
『骨を丈夫にする』と聞けばほとんどの方が思い浮かぶのが『カルシウム』たと思います。

牛乳をたくさん飲みましょう、小魚をたくさん食べましょう、と聞いたことがあるでしょう。

ですが、丈夫な骨づくりにはカルシウムだけでは足りないのです。

その助け役として、ビタミンDが必要なのです。

ビタミンDは腸からのカルシウムの吸収を助け、血液中のカルシウム濃度を高めて骨の形成や骨の石灰化を促進します。

 
なので、骨を丈夫にするためには『カルシウム+ビタミンD』のセットで摂りましょう!

 
 
 
 
 
現代人は日光を嫌い日焼け対策をばっちりする方が多くなってきている印象があります。

年々、日焼け対策グッズも増えてきています。

ですが、それだと骨が弱くなってしまいます。

かといって、焼きまくるのも肌にはよくありません。

 
適度に日光浴をしましょう!

適度にです。

朝に太陽の光を浴びましょう!

体内時計を整えるためにも、ホルモンバランスを整えるためにも。

 
カラダを整えるためには、ストレッチアップへ!!

ストレッチでカラダを整えましょう!!

ストレッチでカラダを変えていきましょう!!
 
 
 
 
 
ストレッチアップ蒲田店  村山

【ストレッチアップ蒲田店】
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-31-2 大山ハイツ1F
<tel>03-6715-7237
<LINE@>bgk3319y

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら