ブログ Blog

歪んだ関節に過度なストレッチは危険!! |ストレッチアップ上永谷店

2019.10.09

ストレッチアップ上永谷店の平根です。

本日はプロのストレッチトレーナーの常識についてお話しいたします。

 
一般のストレッチ専門店では、整形外科的検査もなく問診をしていきなり施術に入ります。
これは、大変リスクの高いことといえます。

 
施術を行う場合には、基本的に整形外科的検査を行い、
さらに関節可動域のテストを行うことは基本中の基本です。
 
例えば股関節の関節可動域の減少は、仙腸関節の検査は必須で、
股関節が硬いからという理由だけで、いきなりストレッチの施術を行うことは本当にリスクが高いです。

 
関節を伸張し過ぎて、関節をハイパーモビリティ(関節過度可動性)のような状態を作り出してしまうこともありますし、
歪んだ関節を無理に引き延ばすことで、周辺の筋肉にカルシウムを大量に付着させてしまい、
より可動域の減少や痛みなどの症状を引き起こしてしまうことが頻繁に見受けられます。

 
こうなると「健康のため」、「関節のため」といった目的とは異なり、
本来理想とする健康体とは真逆の効果を与えてしまっているということになります。

 
私たちは整形外科的検査と関節可動域の検査を確実に行い、
事故のない、そして健康にお役立てできる環境を整えています。

 
関節に運動機能障害がある場合には、軽度なストレッチと、
関節可動域を改善できる手技を必ず行います。

 
・体が硬い
・体が辛い
・腰が痛い
・股関節が痛い
・膝が痛い
・体の動きが気になる

 
こういった方は、ストレッチアップ上永谷店にご相談ください。

 
関節を極めたプロのトレーナーがご相談に対応いたします。

 
ストレッチアップ上永谷店

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら