ブログ Blog

回旋筋腱板(ローテーターカフ)について|ストレッチアップ武蔵関店

2020.03.10/

皆さんこんにちは!!
ストレッチアップ武蔵関店の小畑です★

今日はお客様対応中に私が少し困った回旋筋腱板(カイセンキンケンバン)のお話をしたいと思います。
回旋筋腱板またの名をローテーターカフという腕のぶん回し動作で使用する
インナーマッスルになります。
肩甲骨の前面、後面からなる4つの筋をいいます。
肩甲下筋(けんこうかきん)
棘上筋(きょくじょうきん)
棘下筋(きょくかきん)
小円筋(しょうえんきん)
の腱をいいます。
上腕骨頭をかかえ込み肩関節の安定させる働きがあります。
その為腕を使う運動にはすべて密接に関係しています。
運動の効率を上げる為には回旋筋腱板をうまく使えるかが鍵になります。
ローテーターカフの重要性は今現在のトレーニング学などにとって
非常に重要になってきます。
なので、辛い肩の痛みの中で、「動かすと痛い」「腕が上がらない」といった症状は
このローテーターカフに負荷がかかり、腕を上げる際に上腕骨と肩甲骨に挟まれて擦れるため損傷が
起こっている可能性があります。
このローテーターカフは悪化すると、腱板断裂に移行してしまうケースもあるので、肩に痛みがある方は、
しっかりとストレッチをしてケアしましょう★
ストレッチアップ武蔵関店で、小畑がお待ちしております!笑
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ストレッチアップ武蔵関店
お電話は03-6904-9127 です。
場所は
武蔵関駅南口徒歩2分
東京都練馬区関町北2-25-10です!

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら