ブログ Blog

ランニングする人におすすめのストレッチpart5

2020.05.24//

こんにちは!
ストレッチアップ立川店の山根です。

今日は昨日に引き続いて気温が高く、ところによっては30℃近くまで上がるそうです。夏日が続くと、いよいよ夏が近づいてくる実感がしますね。

夏といえば、今日の早朝にホトトギスが鳴いていました。毎年、ホトトギスの鳴き声を聞く度にいよいよ夏が来たと感じますが、昔の人にとって、ホトトギスは冥土からくる鳥として信じられていたそうです。魂迎鳥や死出の田長なんて言われてるんだとか。おもしろいですね。

さて、そんな豆知識もそこそこに、今回もランニングする人におすすめのストレッチを紹介します。今回は、静的ストレッチを3種目紹介したいと思います。

 
1.大腿後面にきくストレッチ

立った状態から、どちらかの足を前に出し、お尻を突き出すようにして、上半身を倒します。

この時、背中は丸めないようにして、必ずまっすぐにしましょう。



 
2.大腿四頭筋にきくストレッチ

地面に寝る体勢をとった後、どちらかの足を膝から外側に折りたたみます。あまり柔らかくない方、写真のように肘をついたり、手をついたりして調整しましょう。柔らかい方は、そのまま体を倒しても構いません。

この時、腰が地面から離れないようにしましょう。体を倒す場合は、特にそのことを意識しましょう。もし、体を倒したときに腰が地面から離れるようであれば、肘や手を地面につけましょう。



 
3.腓腹筋にきくストレッチ

壁の前でアキレス腱伸ばしの体勢になり、そこから壁に体重をかけるようにして手を壁につけます。

この時、かかとは地面から離れないようにしましょう。もし、かかとが地面から離れてしまうようであれば、伸ばすほうの足を壁側に持ってくるなどして調整しましょう。

特に長距離を走る上で、腓腹筋を伸ばすことは重要ですので走る前と後は必ずやっておきたい種目です。



以上のストレッチを左右それぞれ15秒若しくは20秒やって終了です。

 
静的ストレッチを運動前に行うと運動パフォーマンスを落とすとも言われていますが、柔軟性を上げるためには静的ストレッチは効果的です。しかし、長時間のストレッチは筋肉を落としてしまうことも報告されていますので、ストレッチをする際は15秒から20秒までにしましょう。

それでは今日はここまでとなります。今回で、ランニングする人におすすめのストレッチの紹介は終了しますが、今後も様々なことをブログに書いていきたいと思います!

 
 
 
twitterとinstagramでブログの更新などを発信しています!ぜひご覧ください!

twitterはこちらから

https://mobile.twitter.com/stuptachikawa
instagramはこちらから

https://www.instagram.com/stuptachikawa/

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら