ブログ Blog

しゃがむことはとても大事!!/ストレッチアップ天満橋店

2020.03.01/

ちゃんと『しゃがむ』ことは出来ていますか?
直立した状態から、両足の踵を地面についたまましゃがみます。
あと和式トイレでできますか??
 
ヤンキー座りとも言いますかね♪
 
最近この『しゃがむ』ことができない人(特に子供)が増えきています!!
『しゃがむ』ことが出来ない人がやってみると、
後ろに転げてしまう or 踵は浮いた状態でないとできない 
ということになってしまいます。。。
この『しゃがむ』ことができないことで、腰痛膝の痛みを訴える子供が昔に比べてとても多くなってきていると思います。。。
.
.
『しゃがむ』構造
両足の踵を地面についたまましゃがみますので、アキレス腱やふくらはぎの筋肉、前脛骨筋(スネの筋肉)などの膝下の筋肉が柔らかくないといけないと思いますが、股関節が柔軟である事という要素も忘れてはいけませんよ!!
多くの方が「足首が硬くてできない!」と言いますが、股関節を動かしたりその周りを意識するエクササイズを取り入れることで、スッとしゃがめてしまうことも意外とあります♪
ですのでうまくしゃがめない方は足首も大事なポイントなのですが、「股関節」に意識をおいてしゃがんでみると何かしら変化があるかもしれませんよ♪♪


.
.

『しゃがむ』ことが出来ないとどうなるの?

下半身の筋肉や腱、股関節が硬いと座れなくなってしまいます。。。
①常習性のあるこむら返り ②冷え性 ③代謝の低下など   
股関節がうまく機能しないと、そこに連動している骨盤の動きも制限され、腰痛や膝痛なども引き起こされることがあります。 また膝下の筋肉でも、ふくらはぎの筋肉は第二の心臓と呼ばれる大切なポンプ筋肉。 心臓をはじめ筋肉の役割の一つには、栄養や酸素、水分を運ぶという作用も含まれますので、しっかりと機能させてあげることが大事になります!!
.
.
今と昔とでは、何が大きな違いなのか??
生活習慣が変わってしまい、昔は和式トイレが多かったのが今は洋式トイレになってしまっていることが多いです。
生活の中でトイレに行くことで、
 「毎日欠くことなくしゃがんだ姿勢をキープする」行為が、膝や踵に適度なストレッチ&筋トレとなっていたのに対し、今の子供達はそれが無いからとも言われています。
私自身もずっとサッカーをしていましたがオスグットや足首のケガに悩まされたことが多かったような気がします。。。
.
.
足裏全体で接地をし、指でしっかり地面を掴む感覚を身につけよう!!
とある外国では、基本洋式のトイレなので足首が固い方も多いですが、『しゃがむ』ことはできる人が多かったそうです。
我々日本人との違いは、彼らは幼い頃から裸足で公園の芝生の上で走り回ったり遊んでいること!!
またサッカー選手もスパイクを脱いで裸足またはソックスでクールダウンをしている光景を夏場などはよく見かけるそうです。
そのため自然と足の裏や指先にあるセンサーが刺激され、身体を適切な位置に保とうとする機能が磨かれていることも多いかなと思います。
日本人は靴を履いてることが多いですし、家でもスリッパを履いてる方もいてますので、この感覚(足裏センサー)が薄れてきてしまっているのかもしれません。。。
しゃがめることはケガの予防ももちろんのこと、パフォーマンスアップにも繋がります!!

是非今日から行ってみてください!!!

.
.
わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください(*´▽`*)
 
\ お問い合わせは 電話・メール・LINE@・その他SNSのDMで承っております /

 
ストレッチアップ天満橋店 深作

===============================
【天満橋店】
住所→大阪市中央区北浜東2-18 堀川ビル2階
電話→06-6585-0777

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら