ブログ Blog

ポッコリお腹の原因はもしかしたら、、、/ストレッチアップ天満橋店

2020.09.15/

慢性的な腰痛や下腹が出るポッコリしたお腹。。。
もしかするとこれらは「反り腰」のせいかもしれません!!
.

反り腰とは
骨盤が前傾してるもので、体の不調やスタイルの崩れを引き起こします。
人間の本来の正しい姿勢は、骨盤が真っすぐに立ち背骨がゆるやかなS字カーブを描いている状態です。
これに対し反り腰は、骨盤が前に傾き背骨が腰のあたりから極端におなか側にカーブしている異常な状態です。
下腹が前に押し出され、お尻は後ろに突き出した、いわゆる出っ尻になるのも特徴ですね。
.

反り腰になると、腰に大きな負担がかかり、慢性的な腰痛に繋がります。
また椎間板ヘルニアなどを発症することもあります!!
下腹が前に出てる姿勢なので、太っていなくてもポッコリお腹になってしまいます。。。
また骨盤が前傾することで、股関節の前面が詰まって血流が悪くなり、足の冷えむくみにも繋がってきます。
.

反り腰チェック方法
壁に背中お尻をぴったりくっつけるように立ってみましょう。


壁と腰の間にこぶしがすっぽり入るようなら、反り腰の可能性が高いと思われます!
加齢運動不足により腹筋の力が低下して起こる反り腰。
腹圧が弱いと、骨盤は正しい位置を保てずに前傾しがちになります。
そうすると上半身が前に倒れないよう、無意識に腰を反るようになってしまいます!
特に女性は、ヒール靴を履くことが反り腰の原因の一つとなります。
ヒール靴を履くと、つま先立ちで坂道を下る状態になります。
身体が前のめりになるのを戻そうとして腰が反ってします。
また、猫背の人が無理に良い姿勢を作ろうとして反り腰になることも多いです。
反り腰の姿勢が長く続くと、お腹お尻周り太もも裏の筋肉が弱くります。
一方で固まってる部分は、股関節の前面太もも前の筋肉背中は固まっています。
筋肉のバランスが悪い状態なので、これが正せると姿勢は戻り、ポッコリお腹は解消されるでしょう♪
.
ポッコリお腹改善方法
○壁際でのスクワット
前に壁があると、膝がつま先より前に出ず、正しい姿勢でスクワットができます。
1.足を肩幅くらいに広げます。


2.つま先、胸、手を壁につけたまま、お尻を後ろに突き出しながら、ゆっくりとしゃがんでいきます。


3.しんどい所の深さまでしゃがんだら元の姿勢に戻りましょう。
これを1日10回2セット。
.

最近は長時間デスクワークをする方が増えてきていますので、骨盤を立てる座り方も心掛けるといいですよ。
「前かがみのまま、お尻を椅子の背もたれに当たるまで引き、そのまま上体を起こしましょう」
またお尻の真下にある座骨で座る意識を持つとさらい良いですよ♪
.
わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください(*´▽`*)
 
\ お問い合わせは 電話・メール・LINE@・その他SNSのDMで承っております /

 
ストレッチアップ天満橋店 深作

===============================
【天満橋店】
住所→大阪市中央区北浜東2-18 堀川ビル2階
電話→06-6585-0777

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら