ブログ Blog

筋肉が柔らかい人が共通すること/ストレッチアップ天満橋店

2020.04.06/

よくある質問で、『身体がものすごく硬いのでどうしたら柔らかくなりますか?』
または『ストレッチ何をしたらいいのですか?』
というのが沢山あります。


.

.

筋肉が柔らかいとどのようなメリットがあるかご紹介します!!

①力を発揮しやすい、ケガをしにくい

筋肉の特徴は「伸縮性があること」 ピンと張ったゴムはうまく張力も発揮できないですし、切れやすいですよね?
これは筋肉にとっても同じことになります♪

②疲労が溜まりにくい

柔らかい筋肉は血流の流れが良くなります!
ということは「回復力」も高くなります! その結果、疲れにくい身体を維持しやすくなりますよ♪
.
.

さてここで問題です!!

筋肉の柔らかさと大きく関係するものは何だと思われますか?

 

食事? 睡眠? 休息? 生まれつき(遺伝)? 日々のストレッチ?

.
この中にも色々な要素が頭に浮かんだりしたでしょう。
今回、ご紹介する内容はあくまで1つの参考という形で考えてもらい、取り入れてもらえたらと思います♪
.

筋肉の柔らかい人に共通する習慣とは、、、、

圧倒的に水分を摂取していることです!!

なんと一日軽く2L以上(運動以外で)飲むそうです♪♪

.
.

水分不足で体の筋肉が硬くなる??

からだの水分量って?
人間の身体はほとんどが水でできています。
身体の水分量は、年齢、性別、体型によって違いがあります。
目安になりますが、胎児は体重の約90%、新生児は体重の約85%、小児は約80%、成人は約60%、そして高齢者では約50%を水が締めており
年を重ねるほど水分量の割合が減少していくことがわかります!!
.
この水分量、普段はどこにいくの?
身体中の血液に約8%、組織と組織の間に約20%、細胞に70%以上蓄えれるようになっています!
また、この細胞とは主に脂肪や筋肉のことになりますが、どちらにより多く含まれているかご存知でしょうか?
実は、脂肪の保水率が10~20%なのに対し、筋肉は75~80%もの水分を含むことができます!!
そもそも筋肉を包む腱や皮膚真皮、筋膜、靭帯などの60%は水分でできています!!
この水分が少なければ必然的に柔軟性が失われるということです。
いわゆる水分不足だと筋肉が硬い状態になります。。。
ということは、水分量が少ないと筋肉は思う存分動くことができないということ=硬くなる!ということに。
.
.
では、一日にどのくらいの水分が良いのか?
運動されてる方であれば最低2L~2.5Lは飲みましょう!!(運動時以外で)
また一般の方でも目安は
自分の体重(kg)×40ⅽⅽ
.
体重50kgの方で×40cc=2000ⅽⅽ➡2ℓになります♪
体重がある方はその分水分を摂取する量も増えてきます!!
夏場は熱中症が怖いのもあり、意識的に水分を摂取すると思います。
ただ冬場の時期になると極端に水分の摂取量が減る方が多いです。 1日で500mlも飲んでないかもしれないって人もいますからね。。。 (そういう方のほとんどが冷え性や肩こりなどです、、、)
.
.
中々疲れが取れない方や筋肉が硬いという方は、1度1週間くらい試してみてはいかがでしょうか♪♪
わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせください(*´▽`*)
 
\ お問い合わせは 電話・メール・LINE@・その他SNSのDMで承っております /

 
ストレッチアップ天満橋店 深作

===============================
【天満橋店】
住所→大阪市中央区北浜東2-18 堀川ビル2階
電話→06-6585-0777

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら