ブログ Blog

背骨の歪みからによっておこるさまざまな症状③

2015.07.28/

耳鳴り

背骨の歪みからによっておこるさまざまな症状③


今日は背骨の歪みからおこる症状シリーズとして、

・耳鳴り・突発性の難聴
をご紹介します。

これらの症状は、頭蓋骨が前に出ているのを頸椎が後方に変位することでバランスを保とうとする代償と言えます。
それに加えて顎関節の噛みしめの問題もあります。

耳鳴りや突発性の難聴はこの2つが原因と考えられます。

頸椎の1番と同じ高さにあるのが内耳神経です。

内耳神経は延髄から橋にかけて走る前庭神経と蝸牛神経が合流したもので、聴覚をつかさどるのは蝸牛神経です。

脳

頸椎の一番上、延髄の通り道(大後頭孔頸)の太さは3㎝ほどと言われていますが、徐々に骨が変位していき、蝸牛神経の伝達異常が進行して症状が引き起こされているので、突発性ではありません。

頸椎の矯正をしていたら症状は出なかったはずです。
耳鼻科に行っても治らない難聴は、骨のズレが原因かもしれません。

====================================

【恵比寿でストレッチ&マッサージならストレッチアップ】
TEL:03-3712-2180(ご予約はお電話で)
URL:https://www.stretch-up.jp
Facebook:https://www.facebook.com/stretchupebisu(お得情報更新中!)
Twitter:https://twitter.com/ebisu0927(予約情報随時更新中!)

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら