ブログ Blog

赤ちゃんプレイはいかがですか・・・?

2015.11.28/

こんにちは!
ストレッチアップ恵比寿店
スタッフの清水です^^

みなさん。
最近「赤ちゃんプレイ」はしていますか?

いやいや。
なにを言っているのかね。清水くん。
私たちはもう大人だよ?
そんな恥ずかしいこと
できるわけないでしょ。

そうお思いのそこのあなた!!!
「赤ちゃんプレイ」は大切なんですよ。
清水もよく
「赤ちゃんプレイ」はやってます。

なんかこうやって書くと
少し変態チックですね。笑

では、なぜ清水がこんなにも
「赤ちゃんプレイ」を推奨するかというと・・・!

赤ちゃんの発育発達は
人間の体幹部(コア)の発達と
密接な関係にあるのです!!!

赤ちゃんが胎内にいるときから始まり

胎内→出生→泣く→仰向け→寝返り→うつ伏せ→

四つ這い→立ち上がり→立つ・歩く

という順番に成長していきますが

この成長過程の間に
知らず知らずのうちに
コアトレーニングをしてきているのです!!

赤ちゃん

例えば、「泣く」という運動。

そもそも人間はなぜ
出生とともに泣くかご存知ですか?

胎内

赤ちゃんがお母さんの胎内にいるときの
重量抵抗は地上のおよそ
6分の1と言われております。

重力抵抗が6分の1だから
お腹の中でプカプカと
浮いていられるのですが
いざ、お腹の中から出たらどうですか?

今までプカプカ浮けるほど軽かった身体の重さが
出生とともに今までよりも重く感じてしまいます。
およそ、6倍に。

すると、どうなるか。

生まれたて

手、脚、頭といった各部位が
重く感じすぎて全く
動かすことができなくなるのです!!

でも、今まで胎内で
自由気ままに動いていたのに
出生した途端に動けなくなってしまった。
どうしよう!!!

となって初めて人間は
「泣く」という運動を行うのです!

「泣く」という運動を通じて
懸命の命をつなぎ止めようとするとともに
呼吸運動を行って
身体のコアとなる部位の形成を
始めていくのです!!

また、成長過程のひとつにある
「四つ這い」という体勢。

なにか、エクササイズの体勢に
似ていると思いませんか?

いかがでしょうか。
これと似ていませんか?
フロントブリッジ

・フロントブリッジ
・プランク
・ホバー

といった名称で呼ばれる
エクササイズです。

サッカーの長友佑都選手が行っている
体幹トレーニングのひとつとしても有名ですね^^

実はこの体勢を人間は
成長過程の流れの中で
獲得しているのです!!
体幹部の安定性を獲得し
立つ準備段階に行っていたのです!!

このように
赤ちゃんの成長過程には
私たち大人が獲得しなければならない
コアの安定性というものを
獲得できる流れがプログラミングされていたのです。

なのになぜ?
今できないのか。

それは、環境の変化や姿勢の変化などによって
できなくなってしまったのです。

ならば、もう一度やればいい。
再学習させればいい。

すなわち。

みなさん。
赤ちゃんプレイしましょう。

といったことに繋がります。

一から赤ちゃんの発育発達に戻り
再びしっかりとした体幹部を獲得し
素敵な姿勢も手に入れちゃいましょう^^

いつでも清水がお答えしますので
遠慮なくお申し出ください^^

清水と一緒に
Let’s Baby Play☆





それでは本日はこの辺で。
今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

ストレッチアップ恵比寿店
担当:清水

 

 

====================================

【恵比寿でストレッチ&マッサージならストレッチアップ】
TEL03-3712-2180(ご予約はお電話で)
URLhttps://www.stretch-up.jp
Facebookhttps://www.facebook.com/stretchupebisu(お得情報更新中!)
Twitterhttps://twitter.com/ebisu0927(予約情報随時更新中!)
地図はこちら

~完全個室の隠れ家サロン~
各店舗へのお問い合わせはこちら