ブログ Blog

うではどこから??

2016.02.02/

突然ですが、
皆さんはどこからどこまでが
「腕」だと思いますか?
腕は肩から・・・・・
そう思われた皆さん。実は違います!!!!!

正解は「胸から」
もっと正確に言いますと「腕が始まる場所・腕の付け根」
「体の前側・首の下辺り」胸鎖関節というところです。

キョウサ2

胸鎖関節を触りながら肩を上下させてみて下さい。
「動いたー!」という感じがするかと思います。

キョウサ

ちなみに腕の骨は、
胸鎖関節以外は胴体から浮いている状態なのです!

なぜ腕の構造をこれだけ強調するかというと、
間違った腕のイメージは肩こりを生み出す要因のひとつだからです。

ude2
「感じてわかる!セラピストのための解剖生理」の
著者 野見山 文宏 氏によると、

“僕たちは、
脳の中に〈私はこんな形で、ここが鼻で、ここが耳で・・・〉
というイメージを持っています。

そのイメージに従って、
僕達はカラダを動かすことが出来るんだけど、
それを創り上げたのは、
みなさんの現在までの経験や思い込みなんです。

ほとんどの人が、
解剖学的にはもっと動かすことができるはずなのに、
可能性があるのに、自分の創り上げた小さな枠の中で、
カラダを動かしています。
逆に言えば、そのイメージが変われば、
カラダの可能性も変わるということ!
慢性の肩こりも、そのイメージのせいかも知れません。”

なるほどっっっ!

余分な緊張は、
間違った身体のイメージからも生まれます。

もし、「腕が肩から生えている」というイメージを持っていたら、
肩甲骨の動きが少なくなります。
当然、慢性的な肩こりにもなりやすくなります。

このイメージです!!!!!!

ude1

それを、
解剖学的に正しい腕のイメージに書き換え、実感が伴えば、
身体の使い方・動作は変わっていきます。
「凝った肩をどうにかする」という発想だけでなく、
「肩こりにならないように、普段の身体の使い方を変える」ということも大切です。

皆さんもぜひ、日常の生活の中でイメージしてみてくださいね。

ストレッチアップ恵比寿店
佐藤香奈

====================================

【恵比寿でストレッチ&マッサージならストレッチアップ】
TEL03-3712-2180(ご予約はお電話で)
URLhttps://www.stretch-up.jp
Facebookhttps://www.facebook.com/stretchupebisu(お得情報更新中!)
Twitterhttps://twitter.com/ebisu0927(予約情報随時更新中!)
地図はこちら

~完全個室の隠れ家サロン~
各店舗へのお問い合わせはこちら

 

 

 

 

LINEお問い合わせはこちら