ブログ Blog

水中でトレーニング|ストレッチアップ蒲田店

2019.08.11/

こんにちは!

ストレッチアップ蒲田店です!!

 
 
毎日、ものすごく暑い日が続いていますね。

夏バテしていないでしょうか?

水分補給は行っていますか?

まだまだ夏真っ盛りは続くと思いますので引き続きご注意ください。

 
 
暑いと海やプールに行き水遊びしたくなりますよね。

子供のころはよく親に連れて行ってもらったなぁ、と毎年ふと思い出します。

そして帰り道は遊び疲れて爆睡、、、。

はしゃいで遊んでいるからということも関係ありますが、、、。

 
 
 
遊ぶというところから派生して。

運動またはトレーニングの観点から見たときに、陸上で行うよりも水中で行う方がメリットとなることが多いので本日はその効果などについてのお話です。

 
 
 
 
まずは、水中の特性です。

水中では主に、『抵抗』『浮力』『水圧』の作用が働きます。

普段(陸上)より水の中だと、『抵抗』によりカラダに負荷をかけることができ、『浮力』により膝や腰への負担を減らせ、『水圧』により筋肉の安定性の向上と血液循環を促進させることが可能となっています。
 
 
陸上と水中だとどちらが素早く動けますか?

陸上ですよね。

水中だと陸上より800倍もの抵抗がかかるので動きにくいのです。

ただ水中で動くだけでたくさんの筋肉を使うので運動効率が上がり、消費カロリーも上がります。

 
陸上だと重力の影響で抗重力筋(背中の筋肉:脊柱起立筋、など)が姿勢の維持などで常に働いておりストレスが常にかかっています。

水中だと浮力によりそのストレスから一時的に解放することができます。

 
気圧も水圧も筋肉を支える役割をしてくれるので筋肉が安定します。

また、圧がかかることにより皮膚の表面に近い静脈が圧迫されて血液循環が促進されます。

 
 
よって、

陸上で運動するよりも水中で行う方がメリットはたくさんあります。
 
 
デメリットは手軽さに欠けることと環境に依存してしまうことです。

 
陸地で生活している以上、水のある所に行くには手間とコストがかかってしまいます。

習慣化してしまえば問題はないとは思いますが、そうなるまでに時間がかかってしまいやすいということもいえるでしょう。

 
水中運動は水温が大切です。

低すぎる環境では、体温保持の役割がある脂肪がつきやすくなってしまいます。

室内施設は環境の整備を行いやすいですが、外や海ではコントロールが難しいため注意が必要です。

 
 
 
 
いかかでしたか?

 
いつもよりはしゃぐとは思いますが、いつもと違う環境を体験すると子供は喜ぶでしょう。

そのツールとして、この時期だからこそ行ける海やプールで是非お子さんと遊んでみてはいかかでしょうか。

 
 
また、家の近くにプールがあるのはわかっていたけどなかなか足が出なかった方。

そんな方が1回行ってみようかな、と思って下さったら嬉しく思います。

 
毎回のようにお伝えしておりますが、運動の前後にはストレッチです!

どうせ動くならより質のいいものを。

よりいい時間をお過ごしください!

ストレッチを行いましょう!!
 
 
 
 
 
ストレッチアップ蒲田店  村山

【ストレッチアップ蒲田店】
〒144-0052
東京都大田区蒲田5-31-2 大山ハイツ1F
<tel>03-6715-7237
<LINE@>bgk3319y

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら