ブログ Blog

腰痛について|ストレッチアップ元町中華街店

2020.05.19/

皆さんこんにちは!

今回は、腰痛の種類についてご紹介したいと思います。

 
腰痛で悩まされている方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、

腰痛にも種類があり自分の腰痛がどれに当てはまるかチェックしてみてください!

種類は、大きく4つございますので早速見ていきましょう。

 
1.筋性腰痛
筋肉の使い過ぎによって起きるいわば「筋肉痛」で、酷使した場所に炎症が起きた状態です。

運送業など肉体労働が多い人、また同じ姿勢を続けるデスクワークの人にも多く見られます。

痛い場所をピンポイントで特定できるのが特徴で、そこをほぐすと軽快します。

 
2.前屈腰痛
背骨の椎骨と椎骨の間にある「椎間板」に問題があり、物を拾うなど前かがみになった時に

椎間板が圧迫されて痛みが出ます。背筋が弱い人に起きやすく、猫背や前かがみになりがちな

デスクワークの人にも多いです。

この腰痛は、揉みほぐしても良くならないのが特徴です。

 
3.のけぞり腰痛
電車のつり革を持つ、洗濯物を干す、赤ちゃんを抱っこするなど反り気味の姿勢を取ったときに

背骨の後ろ側にある椎間関節がぶつかることで痛みが生じます。

腹筋が弱いために反り腰になっている人に起きやすく、女性に多く見られます。

この腰痛も揉みほぐしても改善しません。

 
4.お尻腰痛
厳密に言うと腰ではなく、お尻近くにある仙骨の付け根の歪みや炎症が原因で起こります。

産後の女性に圧倒的に多い腰痛です。妊娠中に分泌されるホルモンの作用で緩んだ

仙腸関節の靭帯が、出産後に正常に戻らないことで起きるケースが多いです。

 
以上、4種類の腰痛をご紹介いたしました。

特に多い腰痛としては、「前屈腰痛」と「のけぞり腰痛」になります。

4種類の腰痛の共通としては、加齢と共に腰回りの筋肉や関節が衰え、

こわばって柔軟性が失われることが原因だと考えられています。

そんな脆さを抱えた状態のところへ無理な動きが加わることで痛みが発症します。

 
所々、揉みほぐしても良くならないと記載をしていますが、

腰痛を改善する方法としては

①筋肉をほぐして柔軟性を増すためのストレッチ

②筋肉を鍛えて強くするための筋トレ

になります!!

 
ストレッチアップは、完全個室のマンツーマンでお客様のお悩みにスタッフ一同

真摯に取り組んでおりますので是非ご連絡をお待ちしております!!

 
また、コロナの影響で安心してご来店いただけるよう以下の対策を行っております。

①密集対策

スタッフは最大3名、お客様の人数は最大3名でゆとりのある空間造り

②密閉対策

窓の開放による換気の徹底

③密接対策

スタッフのマスク着用及び手指消毒とお客様にも手指消毒のご協力をお願いしております

④ミストによる空間消毒

次亜塩素酸を空間にミスト散布し、お店全体の空間消毒を行っております

⑤タオル類の交換

お客様ごとにタオルの交換とベッドの消毒を行っております

 
 
当店にはストレッチや体のことについて様々な知識や経験豊富なトレーナーが数多く在籍しております。 腰痛、肩こり、頭痛など身体のことでお悩みがある方や、 ゴルフ、テニス、バレエ、野球などスポーツのパフォーマンスを向上させたい方は、 是非横浜市中区のストレッチ店、ストレッチアップ元町中華街店へお越しください。 ストレッチの他にも体幹トレーニングも行っております。 お客様のご来店、心よりお待ちしております! 【アクセス

みなとみらい線 元町・中華街駅 より 徒歩5分 京浜東北根岸線 石川町駅 より 徒歩7分 【ご予約はこちらから↓↓↓】 TEL:045-225-8489 mail:stupmotomachichuukagai@gmail.com
 

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら