ブログ Blog

【腰痛について・・・】

2016.07.19/

みなさん、腰が痛くなったことはありますか?
様々な腰痛がありますが・・・・
ではなぜ、腰は痛くなるのでしょうか。
皆様の参考になるように
腰痛の原因と簡単に出来るストレッチをご紹介しますね!
《腰痛の原因》
腰痛の原因は人により異なります。原因に合わせた対処法を
行わなかったためかえって腰痛を悪化させてしまったという方もいらっしゃいます。
腰痛五大原因を紹介しますのでどこに当てはまるのか確認しましょう。
➀筋肉疲労
筋肉疲労による腰の痛みは疲労性腰痛や筋・筋膜性腰痛と呼ばれることもあります。
簡単に説明すると同じ姿勢を続けることで背中にある脊柱起立筋が
疲労して血流が悪くなり腰痛が起こると言われています。
どういう場面で起こりやすいかと言うと
椅子に座って長時間同じ姿勢で仕事を続ける際や
立ったり中腰での作業を続ける場面です。
  ☟予防するためには・・・
こまめに姿勢を変えることが大切です。
少しの時間でも良いので小まめに背伸びをしたり
ストレッチすることが筋肉疲労を予防する上で大切です。
 
 
➁筋力低下
 
腹筋や背筋の筋力低下により腰の痛みを招く
場面もあると言われています。
腰には腰椎と呼ばれる5つの背骨がありますが、
腰椎は背筋や腹筋がきちんと働くことで正しい位置に
保たれると言われています。
しかし、腹筋が筋力低下を起こし、背筋が過剰に働いている場合は
腰椎が過剰に反り返ってしまい痛みを招くケースがあります。
また、背筋も腹筋も弱ってしまっている場合は腰が曲がってしまい
猫背のような姿勢になってしまい痛みを招くこともあります。
腰椎の背筋の位置が正しく、腹筋がきちんと働けば
腰の痛みも和らぐのではないでしょうか?
 

 ➂ストレス

 

ストレスも腰の痛みの原因になると言われています。
ストレスが原因で起こる腰痛は
非特異的腰痛と呼ばれます。
これは全体の85%を占めていると言われており
腰痛の方の中でも非常に多い原因の一つだそうです。
長期的なストレスは脳機能に不具合をもたらし腰痛を招くと言われています。
ストレスを長い間感じるとこれまで脳で分泌されていたド-パミンやオピオイドという物質の分泌が
低下しますがこれらは痛みを抑える作用があります。
◎ 仕事や人間関係のトラブル、腰痛に対する不安や恐怖がある場合は注意が必要です。
➃身体が硬い
身体の硬さも腰痛を招くことがあると言われています。
特に背筋や脚の筋肉が固くなり柔軟性が低下している場合は腰の痛みを招く
原因になります。柔軟体操やウォーキングなど適度に運動を行い
身体の硬さを予防することが腰の痛みの予防にも大切です。
なのでストレッチは腰の痛みの予防にも繋がるようです。
➄血流が悪い
神経が圧迫されることで血流障害が生じその後痛みや痺れを招くことがあると言われています。
特に腰痛の原因の一つとして多い腰部脊柱管狭窄症は
この血流の悪さが関連している事が多いようです。
腰部脊柱管狭窄症は腰の骨の間にある椎間板が加齢とともにつぶれてしまいそれが神経を
圧迫して痛みなど様々な症状をもたらすと言われています。
しかし、実際には痛みはいつも同じではなく季節や動作により痛みの程度が異なることから
痛みの程度には血流が関係しているとようです。
5つ以外にももっと腰痛の原因は
あると思いますが、腰痛を少しでも防ぐためには何が必要なのか…
身体の硬さ血流の流れが悪い、
運動不足と色々とあったと思いますが
予防するためにはやはりストレッチや運動が
必要になってくると思います。
ということで・・・

今から腰痛に効くストレッチを3つ紹介します。

 


IMG_1872☜[2]の状態

 

[1] 膝の上に両肘を置き、息をゆっくりと吐きながら上体を前に倒します.

[2] 無理をしない程度まで前に倒し、その姿勢を15秒保ちます。

[3] ゆっくりと元に戻しましょう。

 


IMG_1870


[1] 片方の足は伸ばしもう片方の足は伸ばしている方の太ももの辺りにもっていきます。

[2] 膝を抱え込むようし内ももとお腹を近づけていきます。

[3] 猫背にならないようにしっかり胸を張り呼吸も忘れずしっかりしましょう。

 



IMG_1871

❷と似ているのですが、抱え込むのでわなくひねるようにします。
※ひねり動作で痛みがある方は、注意してください。

 

どれも簡単なので腰痛のある方は是非一度
やってみて下さい。

 

ここまで腰痛について書きましたがいかがでしたか?
思いあたる部分はありましたか?
普段のちょっとしたことが腰への負担とつながります。
しっかりと意識して少しでも腰の痛みが減るように
頑張っていきましょうね!!

 

===============================
【天満橋駅すぐ!プライベート空間で女性も安心!
天満橋でストレッチをするならストレッチアップ】

住所:大阪府大阪市中央区北浜東2-18堀川ビル2F
TEL:06-6585-0777
(予約制:予約はお電話で)

URL:https://www.stretch-up.jp/access/area03/stretch-up-tenmabashi-branch/
Facebook:https://www.facebook.com/stretchuptenmabashi
(お得な情報を随時配信中!)
Twitter:https://twitter.com/tenmabashi0918

LINEお問い合わせはこちら