ブログ Blog

【ストレッチの種類】

2016.01.16/

ストレッチアップ天満橋店 松本真之です。

 
今回のテーマはストレッチの種類です。

 
 
 
全部まとめて、ストレッチをしてくださいね・・・と言っても種類は沢山!

 
本当にその時必要なストレッチを実施しなくては意味がありません。

 
 
 
 
まず、言われているストレッチですが、

 
基本は静的ストレッチ(スタティックストレッチ)とご理解ください。

image (32)

(※腸腰筋・大腿四頭筋のストレッチ)

一番のポイントは『勢いをつけないこと』

 
ACSM(アメリカスポーツ医学会)の参考書では15秒~60秒行うというのがマニュアルであります。

 
私がお客様にお伝えする際は、ご自分で15秒数えると、だいたい早く終わってしまうので、大きい深呼吸を3-5回行いましょうと伝えます。

 
勢いをつけないので、クールダウンなどに用いることが多いです。

 
柔軟性を向上したい場合にはこれです!

 
 
 
 
そして動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)。

 
サッカーの試合を見たことがありますでしょうか?

 
キックオフ前に選手が体を温める為に行っておりますが、「軽く小走り3歩で1回けり上げる」ように

 
勢いをつけて、これからの運動に備える準備運動だと思ってください。

 
 
 
 
場所とタイミングを間違えないようにしなくてはケガ予防で行ったストレッチでケガなんてこともありますよ!

 
ご相談は随時受け付けております!遠慮なくご連絡ください。

 
 

CATEGORY

LINEお問い合わせはこちら