ブログ Blog

筋トレをしたら怪我をしない?

2015.07.28/

マッチョ

筋トレをしたら怪我をしない?



こんにちは^^

ストレッチアップ 恵比寿店スタッフの
清水伸哉です!!

 

今日は前回大好評?だった
腰痛のお話の続きです。

題して・・・。

筋トレをしたら怪我をしない?
〜ボディビルダーは腰痛知らず?〜

一昔前。

腹筋と背筋をしたら腰痛なんて治る。
腹筋と背筋のバランスが大事なんよ!

・・・なんてことが
まことしやかに信じられていました。

僕自身も高校時代はそれを信じていましたし
野球部の友達で腰痛のあった子は
病院でそう言われてひたすらやっていました。

だが、治らない。
痛みが全く取れない。

痛みが取れないってことは
回数が足りないんや!と思い
腰が痛む気持ちを抑えてひたすら腹筋、背筋を・・・。

だが、やっぱり治らない。

でも、僕自身トレーナーの勉強をして
ようやく理解したんです。

原因は筋力じゃない。
腹筋と背筋じゃないって。

みなさん、ボディビルダーを想像してください。
ムキッムキのボディビルダーです。

真っ黒く焼けた肌。
盛り上がった大胸筋。
隆々とした腕。
そして綺麗に6つに割れた腹筋。

もし筋トレをして腰痛がなくなるのなら
ボディビルダーには腰痛持ちは
1人もいないはず・・・。

ですが、みなさん。
いるんです、ボディビルダーにも腰痛持ちが。笑

つまり、この瞬間
腹筋、背筋が強い=腰痛がない

という図式が崩れる。

いったい、原因はどこなのか。
筋力じゃないのか。

それは、前回も書いた
肩甲骨まわり(胸郭)が硬いことや
ハムストリング(太もも裏)が硬いことが
原因として考えられる場合があります。

少し専門的に話すと
人間の身体には動くべきところがあります。
そこを動かさないとどこかが代償を負って
代わりに動いてしまいます。

動くべきところ。
胸郭とか股関節です。

胸郭、つまり肩甲骨まわり。
股関節、つまり足の付け根。

ここが硬いと筋力があっても
腰が痛くなるんです。

なのでここを動かさないことには
いくら筋力でカバーしようとしても
無理がでてしまうのです。

つまり、なにが言いたいかというと、
筋力をつけるだけでは怪我は予防できないし
治すこともできない。

ただ、筋力はないよりあった方がいい・。

だから、筋トレは無駄ではない。

でもですね?
その身体の状態で筋トレをしてしまうと
腰だけでなく肩も壊します。

なんでか?
それは店頭でお答えしますね^^
文章だけでは伝えきれないので。

 

でもやっぱり言えることは
ストレッチをしてあげること!!

これにつきますね^^

詳しくはお聞きいただければ
いつでもお答えしますので、お待ちしております!

今日も長々と最後までお付き合いいただき
ありがとうございます。

ストレッチアップ 恵比寿店
清水伸哉

====================================

【恵比寿でストレッチ&マッサージならストレッチアップ】
TEL:03-3712-2180(ご予約はお電話で)
URL:https://www.stretch-up.jp
Facebook:https://www.facebook.com/stretchupebisu(お得情報更新中!)
Twitter:https://twitter.com/ebisu0927(予約情報随時更新中!)

LINEお問い合わせはこちら