ブログ Blog

【脊柱管狭窄症について】

2016.06.01/

■脊柱管狭窄症とは

 

脊柱管とは脊柱の中にある、神経が通るトンネルの事です。

この脊柱管の周りにある錐体や錐弓が加齢とともに変形し、それによってトンネルをつぶして狭くします。その結果神経を圧迫してしまい、痛みやしびれが現れるのです。

1

左図:正常 右図:脊柱管狭窄症

■脊柱管狭窄症の種類

脊柱管狭窄症では、圧迫される神経の種類によって分けられています。

 

馬尾型

馬尾神経(脊柱管の中心部分)が圧迫されるタイプ。

両下肢のシビレ感、冷感、疼痛、排尿障害(膀胱直腸障害)などの痛みが起きます。

 

神経根型

馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫されるタイプ。

臀部から足にかけての痛みが起きます。混合型馬尾型および神経根型両方の症状が起きているタイプ

 

混合型

馬尾型および神経根型両方の症状が起きているタイプ

 

とりわけ、腰部において好発することから「腰部脊柱管狭窄症」とも言われています。

あらゆる年齢で発症することがありますが、50歳〜70歳にかけて多く発症する傾向があります。

基本的には自然治癒での改善は難しいとされています。

早め、早めの対策が肝心です。

 

■腰部脊柱管狭窄症の最も代表的な症状

間欠性跛行(かんけつせいはこう)

歩き出すことによって、足が痺れたり、痛みが出現し、長時間の歩行が困難となります。場合によっては数分で出現することがありますが、座って休んだり、前かがみになることで解消されることが特徴です。

これは、姿勢良く(背中を反って)歩くことで、脊柱管の狭窄が増強し、神経の圧迫や血流が阻害されることによって生じるのです。

その他の症状

・腰痛

・下肢の痺れ・痛み

■脊柱管狭窄症は治るのか

脊柱管狭窄症は、自然に治ることはまずないと言われています。

急激に悪化することは稀ですが、それでも徐々に進行していきます。

「おかしいな・・・。」と思った段階で早めに手を打つことが望ましいと言えます。

 

■脊柱管狭窄症を緩和させる為に行う事

脊柱管狭窄症は完治しにくいと言われていますが、日常生活において自分で行うケアによって痺れや痛みを緩和させる事は可能です。

 

■脊柱管狭窄症の痛みや痺れを緩和させる為に効果的なストレッチ

【前ももを伸ばす】

普段は「前もも」等と言われている筋肉は大腿四頭筋と言って背筋を真っ直ぐに伸ばす為に必要な筋肉です。大腿四頭筋を伸ばすと、連動して背骨に付いている大腰筋も伸びるので、脊柱管狭窄症の症状の緩和につながります。

①椅子などにつかまって立ちます。

背筋は出来るだけピンと伸ばしましょう。

2

②左足をゆっくり上げて30秒程静止する。

3

③ヒザを後ろに引いて30秒静止。

4

ダメな例①(ヒザが前に出ている。)

左ヒザの位置は右ヒザと同じ位置で。

5

ダメな例②(背筋が真っ直ぐになっていない。)

6

 

【ハムストリングスを伸ばす】

ハムストリングスは太ももの裏側の筋肉の総称です。

ヒザを曲げたり、後ろにキックする際に使われます。大腿四頭筋とともに立ち上がってり歩いたりする動作に関わる重要な筋肉で、脊柱管狭窄症の症状が緩和する事も期待出来ます。

 

椅子に座って行います。

背筋を伸ばし、片足を伸ばしたまま30秒~60秒静止。

ヒザが曲がらないように注意しましょう。

7

ダメな例①(背筋が曲がっている。)

8

ダメな例②(ヒザが曲がっている。)

9

 

【仰向けで椅子に足を乗せる】

股関節とヒザの角度は約90度に。

10

 

■時間をかけて少しずつ改善

脊柱管狭窄症の痺れや痛みは体の歪みを治すことで改善する事が多くあると言われています。

体の歪みは長い年月をかけて、毎日少しずつの生活習慣が引き起こしています。

重いカバンを片方の肩にばかりかけて歩く。

座るときに片方の足ばかりで組む。

片足重心で立つ。等など・・・。

そのため歪みを一気に治そうとすると、歪みが治った事で痛みが出る場合もあるのです。

そうならない為にも、徐々に時間をかけて歪みを治し、しびれや痛みを緩和させていくことが大事です。

姿勢を意識する事や、いくつかのストレッチを毎日やる等を習慣化させる事が脊柱管狭窄症の進行を防ぎ、予防にも繋がるのです。

===============================
【天満橋駅すぐ!プライベート空間で女性も安心!
天満橋でストレッチをするならストレッチアップ】

住所:大阪府大阪市中央区北浜東2-18堀川ビル2F
TEL:06-6585-0777
(予約制:予約はお電話で)

URL:https://www.stretch-up.jp/access/area03/stretch-up-tenmabashi-branch/
Facebook:https://www.facebook.com/stretchuptenmabashi
(お得な情報を随時配信中!)
Twitter:https://twitter.com/tenmabashi0918

LINEお問い合わせはこちら